介護リフォーム

私たちの住む山陰地方は、比較的に地震の少ない地域です。<br />
しかし、記憶に新しい平成12年の「鳥取西部地震」などのように、私たちの身近には常に震災への備えが必要となっています。<br />
震災は忘れたころにやってきます。<br />
コープハウジングしまねでは、安心して暮らせる毎日のために、耐震診断を通じて家屋の安全性の見直しを提案しています。

■耐震診断を通して、お家の状態を知ることから始めます。

住宅の状態は千差万別で、耐震の対策もお家によって異なってきます。
補強の方法、今後住まいを長持ちさせる為にやらなければならないこともお家によって異なります。
まずは耐震診断で家屋の現在の状況を把握して、耐震性も含めて、今後どのような対策を取らなければならないかを知ることが重要です。

■耐震診断には、耐震技術認定者が責任を持って診断します。

■耐震診断でお家を長持ちさせるためにやらなければならないことが明確になります。

耐震診断で下記の状況が明確になります。

●必要な強さ(Qr)・・・・・・・・
お家の広さや地盤などの条件から、そのお家に必要な強さがわかります。
●評価できる強さ(Pd)・・・
耐震診断の結果、壁の強さ、壁の配置、劣化度を考慮して、あなたのお家の評価できる強さ(保有耐力Pd)がわかります。
●つよさ(P)・・・・・・・・・・・・・
あなたのお家に配置されている壁の仕様や配置の量から、あなたのお家の強さを判断します。壁の強さが足りない場合は、より強い壁(耐力壁)を設置する補強工事が必要となります。
●配置(E)・・・・・・・・・・・・・・・
十分な量の壁があっても配置のバランスが悪ければ倒壊の原因となってしまいます。建物の配置バランスを知ることで、どこの壁を改善すればよいのかがわかります。
●劣化度(D)・・・・・・・・・・・・・
家屋に劣化が見られると、本来持っているはずの力が発揮できなくなります。劣化の様子を知ることで、今後どのようなメンテナンスを継続すればよいのかがわかります。

耐震診断結果をもとに、対策の優先順位を明確にし、ご予算や今後のライフスタイルを考慮して耐震補強プランの作成を行います。

■耐震診断の対象

●木造在来工法2階建て以下の家屋
枠組壁工法(2×4住宅)、鉄骨造、コンクリート造、混構造(木造とその他の構造の混在)、伝統工法。

●昭和25年以降平成12年5月までに着工された家屋であること
平成12年6月に建築基準法が現在のものに改正され、耐震に関する基準が強化されました。その後に建築された家屋は基本的に改正後の建築基準法に則って建てられているため、耐震診断の対象とはなりません。

リンク:島根県 耐震診断助成制度

耐震改修工事の税制優遇措置: 一定の要件を満たす住宅等の耐震改修工事を行った場合、所得税、法人税、固定資産税に関する税制上の優遇措置が受けられます。
リンク:島根県 耐震改修とは?

▼ 弊社、耐震施工実績

阪神大震災の被害
出典:枚方寝屋川消防組合HP

阪神大震災の被害
出典:ふじみ野市HP

鳥取西部地震の被害状況
出典:島根大学総合理工学部地球資源環境学教室HP