介護リフォーム

1. 事故の予防ができます

階段や框、敷居などの段差はつまずきや転落を招きます。
特に高齢者の場合は骨折の原因となり、寝たきりになることも。段差を解消する、手すりの取り付けや滑りにくい床材を使用するなどして、姿勢が安定するように配慮することが事故防止につながります。

2. 自立度がアップします

自力で起きるのがつらい、介助を頼むのがおっくう、という悪循環で活動度が低下すると寝たきりになってしまう可能性も。住宅に少し手を加えることによって自分でできることが増えれば、行動範囲が広がり、元気に生活できます。介助が必要なのは、住まいに問題があるからかもしれません。

3. 介助者に心のゆとりができます

自分一人で移動できないとなると、介助をする人が必要となります。しかし動きにくい住宅や人力だけに頼った介助は、肉体的にも精神的にも介助者に負担がかかりがち。介助のしやすさを考えた住まいの改善や補助具の活用で、介助者の心身の負担を軽くできます。動きにくい住宅での介助は、介助者に負担がかかりがち。

Rest room

ゆったりくつろげる背もたれやアームレストをプラスして、家族みんなの安全と安心を考えました。

Rest room

半身浴や足止めにも、利用できる浴槽内ステップや、入浴姿勢にかかわらず、自然な体勢で手が届くハンドクリップなど、くつろぎと安心にこだわりました。

公的介護保険が適用される住宅改修サービス

1 手すりの取付け
2 引き戸等への扉の取替え
段差の解消
4 様式便所等への便器の取替え


5 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材または通路面の材料の変更